iPhone(アイフォン)修理 海老名

iPhoneの充電の消耗が激しい時、新しいバッテリーに交換してみませんか? iPhone(アイフォン)修理 海老名なら海老名駅近のスマホスピタル海老名出張所店にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 海老名
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 海老名

iPhoneお役立ち情報

バッテリー修理について

iPhoneの充電の消耗が激しい時、新しいバッテリーに交換してみませんか?

[2021.02.01]

カテゴリー:バッテリー修理について

充電の消耗が早くなってきた・・・?

最近iPhoneのバッテリーがすぐ20%以下になってしまいませんか?長年使っているとだんだんバッテリーの消耗が早くなっているというお声をよく伺います。長時間使いすぎると当然消耗も早くなっていくんですが、最近は動画配信サービスなどの数も増え画質も良くなっていったり、オンラインで通信するゲーム、またテレワークなどの影響でビデオチャットサービスなどの使用も増えていき、ますますバッテリーの消耗に影響を与える機会が増えてきています。大事な連絡や通話中にバッテリーが消えて途中で切れるととても困りますし不安ですよね。

 モバイルバッテリーがあれば安心?

最近ではモバイルバッテリーが増えてきて、外出時に充電が切れる心配が少なくなってきたかもしれません。ただiPhoneのバッテリーは繰り返し充電すればするほど寿命が短くなり、消耗が激しくなっていきます。また、消耗したバッテリーを使い続けると、バッテリーパック自体がiPhone内部で膨張してしまい、とても危険な状態に陥る可能性もあります。バッテリーパックが膨張するとiPhone側面に隙間ができ、内部が見えてしまったり、画面をタッチしても反応せず、操作できなくなってしまう恐れがあります。場合によっては、機体自体が曲がってしまい、修理不可能になってしまう可能性もございます。

iPhoneを大切に長く使い続けるために

いまやiPhoneは携帯電話としての通話ツールだけでなく、SNSアカウントの管理や動画鑑賞、オンラインゲーム、カメラ、音楽プレイヤー、その他アラーム時計やキャッシュレス決済など私たちの生活に欠かせないありとあらゆる役割を担っています。そんなiPhoneのエネルギー燃料であるバッテリーを取り換えずずっと同じものを使い続けるのは難しいのではないでしょうか。車やバイクだってハンドルやタイヤに異常がなくてもオイルの交換は定期的に行わないといけません。自身の大切な車やバイクと同じように、私たちの生活に欠かせない役割を担ってくれているiPhoneにも、定期的にバッテリーを交換してあげることで、大切に長く使い続けることが出来ます。

バッテリー交換のタイミングは?

iPhoneバッテリーを交換するタイミングとして、バッテリーが膨張していたり、充電の消耗が早くなったりといった症状が起きた場合には早めのバッテリー交換をオススメしております。バッテリーの寿命としては大体2年以上使っているのであれば交換しておいた方が安全で快適に使い続けることが出来るかと思います。

top_img

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル海老名出張所店の詳細・アクセス

〒243-0432
神奈川県海老名市中央3丁目2−5ダイエー海老名店1F

営業時間 10:00-19:00

電話番号 050-3173-6838

E-mail info@iphonerepair-ebina.com

オンライン予約 スマホスピタル海老名出張所店 WEB予約 >>

一覧に戻る

050-3173-6838 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 海老名

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 海老名

  • ガラスフィルム無料貼り替えキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 海老名
  • バッテリーの無料点検開始!! iPhone(アイフォン)修理 海老名
  • ご一緒割 iPhone(アイフォン)修理 海老名
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 海老名
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 海老名
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 海老名
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 海老名
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 海老名
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 海老名
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
[/include - template_foot_adwords.php] -->